街のクマさん 炎のダイエット日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【???Kg】 信州上田〜別所温泉〜小諸を経ての帰路でした♪

<<   作成日時 : 2009/05/24 12:27   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 12

こんにちは♪ 今日も、よさげな日曜日ですね。いかがお過ごしですか?  
昨晩、長野地域の一人旅から帰ってきたクマです。昨晩は、自宅のお布団で安心して眠り、もう今は頭の中がスッキリ♪なエクセレントな状態です。

昨日の一日の旅行程を、今のうちにブログに書いてしまいますね。

さて、昨日は、その前夜と同じく長野駅の近くのビジネスホテルに宿泊したため、もしも早朝に目を覚ますことができたら、また善光寺に行って「お数珠頂戴」をして戴いてみようかと考えました。ただし、目覚まし時計はセットせずに「朝、5時半以前に目が覚めたら善光寺に行く!5時半以降の起床だったら、善光寺には行かずに上田に行く!」と心に決めて就寝しました。
そして、目が覚めたとき、時計は6時を指していましたので、就寝前の決定に従い、そのまま上田に向かうことにしたんです。きっと、仏様が「わざわざ2回も来ることはないぞえ♪」と、クマに言ってくれたんだと思います。(・・・単に、疲れて爆睡してだだけ・・・という説もありますがっ!)

前日、晩御飯を「餃子の王将」で済まして、ちょっと胃がもたれていたので、24時間営業の西友スーパーで、バナナを1房買って来て、朝ごはんはバナナ1本でした。

ホテルをチェックアウトして、長野駅からしなの鉄道に乗って「上田駅」にむかいました。

画像


真田幸村像がお出迎えでごんす♪ もう、クマはこの時点で「真田太平記」モード全開!

画像


そしてそして、ずっとずっと、一度は来てみたいと憧れた上田城跡です。 

画像


画像


とてもお天気がよく、城内の神社では、古式ゆかしい結婚式も行われておりました。クマはウキウキ気分で城跡公園のなかを隅々までウォーキング♪うん、楽しかったよ。櫓のなかの展示物は写真撮影OKでしたし、公園内にある博物館や、山本鼎記念館も、隈なく見学しました。

画像


最後に、お城の周りの二の丸跡である「けやき並木」を散歩しました。ここって、クマが生まれる前の年まで「上田温電北東線」という電車の線路だったんですって。そーいえば、なんとなく線路の面影がありますよね。

画像


そんな感じで、すっかりクマ公は上田城跡に魅了されつくし、前日の善光寺ほどではないですが、上田城跡公園に、たぶん3時間以上は居座りました。ここで数百年前、あの「真田太平記」の数々の胸をすくような活躍がなされたんだなぁ、とおもうと、その場に立っていることが、自分でもちょっと不思議な感覚でした。

その後、旧北国街道を闊歩して、「池波正太郎 真田太平記館」へ♪

画像


でも、正直ここは、思ったよりも感動・インパクトはありませんでした。池波さんの作品、ゆかり品々と「真田太平記」の資料がソツなく展示されており、綺麗な展示ですが、とくに目新しい発見はなかったなぁ。まあ、これはクマの個人的な感想ですので、皆さんはご自分の目で判断してね♪

さて、ここで時刻は12時を過ぎ、お昼ご飯の時間です。
カバンのなかには、朝、購入したバナナが4本残っていましたが、せっかく信州にきたんだから、やっぱり信州蕎麦を戴くことにしました。

「真田太平記館」の近くのこのお店で、

画像


今日は、なかば確信犯的に、特盛りのざる蕎麦を注文♪

画像


前回の焼きそばと同様に「お約束」の食後写真です。おなかイッパイ!そば湯も美味しかった♪

画像


食後に腹ごなしも兼ねて、上田の町並みを30分ほどゆったり散歩しました。
今回は、お城と記念館のみの散策でしたが、この町全体が、土曜日の昼下がりというのに、妙に時間がゆったりと流れている感じがして、落ち着きました。もう少しクマが齢を重ねて、人生の機微がわかる「大人の男」になったら、また来てみたいものです・・・・なんちゃって。

さて、お次は上田駅から、上田電鉄に乗って「別所温泉」に足を延ばしました。
この温泉、同じ会社のM先輩から旅先にメールを戴いて「行ってみたら?」と教えてもらったんです。Mさんのアドバイスに、大抵ハズレはないので、クマはそのメールを見た瞬間、この「別所温泉ゆき」を決定しました。

画像


さて、ここで、少しばかり余談です。 
長野、松代、上田、別所と、今回の旅行を通していく中でずっと思っていること、それはね、山がとてつもなく緑で、とてつもなく雄大で、とてつもなく綺麗っていうことです。それに尽きます。信州の山々の綺麗さには目を見張るばかりです。クマは、電車の旅のお供に「真田太平記」と新田次郎の「武田信玄」の文庫を持参していましたが、電車の中から見える山々の姿に見惚れ、それらの小説を読まずに、窓の外ばかり見ながら移動していました。

はい♪ それでは、話を「別所温泉」に戻しますね。
この温泉町も、美しい緑のオン・パレードでした。クマは常楽寺、安楽寺、北向観音を回ったあと、足湯に入り、最後に「大師湯」「大湯」という2つの外湯に入りました。これらの温泉は、施設としてはとってもショボイです。でも、ともに長い伝統と歴史を持っており、地元のひとたちに愛されている温泉なんですね。

ちなみに、ここは「大湯」です。

画像


この「大湯」で、地元のご老人2人となぜか「胃のバリウム検査」について話が盛り上がり、30分も湯舟に浸かったまま話をしていたので、湯上りによろめいてしまいました。(バカですねー。  )

さてさて、再び上田電鉄で、上田駅まで戻ってきたときは、もう17時頃でした。
このまま上田駅から新幹線に乗って、東京に帰れば旅は終わりです。クマも、そのつもりでした。
でも、朝に、しなの電鉄に乗っていたとき「ああ、小諸に行ってみたいなぁ」と思ったのです。小諸というと、皆さんもご存知の島崎藤村の詩が有名ですよね。

小諸なる古城のほとり
雲白く遊子(ゆうし)悲しむ


という、そう、あの詩です。

クマは島崎藤村の「夜明け前」とか、好きで読んでいたので、その流れで藤村の詩も好きでした。この機会に小諸
まで、思い切って足を伸ばしてみることにしたんです。

画像


すでに、お店や記念館などはすべて閉まっている時間帯でしたが、近所のかたが小諸城跡をウォーキングコースにしているみたいで、城跡に入ることはできました。

画像


島崎藤村の詩碑がある高台から、眼下に千曲川が一望できます。ちょうど、夕日が落ちる少し前の、最後の強い日差しを放っており、夕日に照らされた山々が感動!!でした。写真じゃ伝えられないなぁ・・・・うん、伝えられない。陽が沈む少し前の、神秘的な小諸城跡・・・、この時間がいつまでも続けばよいのに・・・っと、木の切り株に腰をかけて、山々を見つめながら一人ごちました。やっぱり来てよかったです。

画像


その後、小諸駅前のホテルの日帰り温泉に衝動的に立ち寄り、心行くまで温泉に浸かって、19時15分頃に小諸駅に戻りましたが、なんと、軽井沢行きの電車が出てしまったばかりで、50分くらい待つことになりました。小諸駅の周囲には、コンビニも喫茶店もなく、クマは「武田信玄」の小説を読みながら、駅の待合室でバナナを食べて時間をつぶしました・・・・・。

その後、軽井沢経由で、新幹線に乗り、昨晩遅くに東京へ帰ってきましたが、とっても充実した2日間の信州旅でした。給料日前で、財政面でも大ピンチのクマ!今回の旅行もどうしようかと迷ったけど、迷ったときは、思い切って実行してみるほうが良いって思いました。しないで後悔するより、何かしてから後悔するほうが、建設的だし、落ち込みかたも少ないと思うよ。お友達といく旅もよいけど、クマはそのときの気分で、思うまま気の向くままに予定を立てられる孤独旅、好きです。島崎藤村の詩にもある「遊子」は、クマの心境そのものでもあるから・・・・・。

自宅に帰って、旅先でご朱印を戴いた神社・仏閣に思いを馳せました。

画像

また、いつか、心が苦しくなったり、少しだけ他人に優しくなれなくなった自分を発見するときがあったら、クマはそのときに一人旅をしようと思います。

多くの自然や、お寺さん、そしてその町に住む人たち・・・・、座していては、出合うことのない人たちとの関わりを持ちたいと思ったら、自分が外に出て行くしかないんです。旅先で挨拶したり、言葉を交わしたひとたちは、もうクマのことを忘れているでしょう。クマも、そのひとたちのこと、きっとすぐに忘れると思います。また、クマが生まれる何百年も前にこの世に存在している神社は、クマが人生を終えた後も、ずっと存在し続けることでしょう。そう考えると、確かに旅や出会いは儚いです。でも、限られた人生のなかで、時間を費やし、お寺を見たり、自然に触れたり、ひとと交流したり、そういうことのひとつひとつの感動のなかで、去来したもの、感じたものは無数にあります。クマは、人生は、素晴らしいと思いました。

ダラダラと脈絡のない文章ですみません。最後まで読んでくださったかた、アリガトウございました♪ 


※ 以下の食事・運動・体重報告は、5月23日(土)の分のものです。

【INPUT】(食事)

  ・朝食(07:00) 長野のビジネスホテルで
              ・バナナ 1本

  ・昼食(12:30) 上田の信州蕎麦のお店で
              ・ざる蕎麦 特盛り

  ・間食(15:30) 別所温泉で
              ・ファンタグレープ500ml

  ・間食(19:30) 小諸駅の待合室の椅子で
              ・バナナ 1本

  ・夕食(21:00) 新幹線のなかで
              ・カツサンド弁当
              ・コカ・コーラ350ml



【OUTPUT】(運動)

  ・なし。ただ、色々と歩き回ったので、運動にはなったと思います。



【 5月23日:体重は測定していないので不明です 】


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
おかえりなさい〜。
クマさんかっこい〜〜!!
素敵な旅でしたね。
私は、クマさんの一番最後に書いてある
文にグっときましたよ
クマさん、ずーっとクマさんでいてくださいね
川さん
2009/05/24 15:38
おかえりなさい!2泊3日、充実した旅でしたね。
私も長野という場所が大好きで、たまに足を運びますが、ご開帳…お恥ずかしながら知らなかったです。
上田は知り合いが居るということで、ちょこちょこ足を運んでいますが、「北向観音堂」は南向きの「善光寺」と向かい合って建てられたこの場所。対となるものを同じときに訪ねる…ご利益ありますよ!きっと。
たまには、ゆっくり心を穏やかに、色々なことを考え巡らせる時間って大切ですよね。
私も今日はお友だちと一日、楽しい旅をしました♪雨でしたが…涙
マミ
2009/05/24 20:45
川さん♪
どうもありがとうございます!いつも温かくクマブログを見守ってくださって、本当に言葉にできない感謝!です。うれしい♪
一人の旅だからこそ、他人との付き合い方とか、つながりとか、そういうことをじっくり考えられたりもしました。クマにとっては、得がたい2泊でした。
一番最後の文、川さんが共感してくれたのなら、こんな嬉しいことないです♪
街のクマさん
2009/05/24 21:18
マミさん♪
コメントありがとうございます。マミさんは、長野にお詳しいのですね。クマは今回の旅行で、信州が大好きになりました。クマは海の見えるところで生まれ育ったので、海の見えない信州を、心のどこかで敬遠していたのかもしれません。今回、初めて長野を訪れ、美しい自然と歴史に魅入られました。ぜひ、また行きたいと思っています。スポットを知っていったら、また教えてくださいね♪
「北向観音堂」の話、お参りを済ませて、温泉に浸かっている時、湯船で会話をしていたご老人から「あの観音さんは、もうひとつの善光寺なんだよ」と教えてもらい、初めて知りました。事前に勉強していけばよかったなぁ。
街のクマさん
2009/05/24 21:24
お帰りなさい!凄く楽しかったのが良く伝わります!上田には何度も行ってるのですが上田城跡には未だに行ってません!ラグビーの合宿で上田インターから40分位登った菅平によく行ってました!あの辺りから見る山は最高でしょう?今度は是非アルプスに行ってみてください!
ちょい悪
2009/05/25 21:17
お帰りクマさん♪
う〜む・・・やはり、グルメブログになっている・・・
ま、旅なんだから いいか^^。
充実した 旅だったようですね。
↑↑ ちょい悪さんのコメント内にある 菅平周辺 私もよく行きますが・・・すごく きれいですよ^^。
機会があったら いってみてください^^。
ゆり
2009/05/25 22:11

クマさんが、充実した旅を満喫されて、読んでいる私も嬉しくなりました。
旅行記自体も、とても楽しく拝見しました。

ところで、小諸が島崎藤村さんのゆかりの地である事は、存じていなかったのですが
小諸は、島崎藤村さんの他に、「男はつらいよ」の
「渥美清 こもろ寅さん会館」という所があります。
(クマさんが、男はつらいよがお好きかどうか分かりませんが)
今、調べてみたら、くまさんが小諸に降りた頃には、もう閉館していますが
小諸駅から、徒歩5分の所にあるそうです。

http://saiteikoushinhindo-tukiichi.blog.drecom.jp/
ズッチャカ
2009/05/27 12:04
ごぶさたしてます。
久々に伺いましてびっくり!
長野を旅してらしたのですね。
小諸は私の父の実家があるところ、つまりは私の田舎なんですよ。
それも駅から徒歩圏内です(^^;)

駅前もだいぶ寂れてしまいましたが、懐古園など昔ながらの風情が残っている場所もありまして、ゆったりとした時間がながれる町です。
また機会がありましたらぜひおいでくださいね。
上の方々も書かれてますが、菅平。私は小さいころにハイキングに行きました。良い景色ですよ〜。
てぃんさ
2009/05/27 21:32
ちょい悪さん♪
すごい!ちょい悪さんは、ラガーマンだったのですね!!
上田に限らず、信州は山々の緑が最高ですね。私は海派な人間なのですが、今回の旅で、山の美しさを体験し、目からウロコでございました♪
街のクマさん
2009/05/28 00:23
ゆりさん♪
ありがとうございます!おかえりって言って頂くと、すんごく嬉しいのはナニユエなのでせうか(笑)。
菅平!!皆さんのコメントで、人気ダントツのようですね。クマはまったく菅平の知識がないのですが、そんなに良いところならばぜひ行ってみたいです♪
また、計画を練らねば・・・・・!!
街のクマさん
2009/05/28 00:26
ズッチャカさん♪
そうなんです!寅さんの会館、目の前を通りましたが、もう閉館時間をとっくに過ぎていたので、入ることはできませんでした。
クマは、寅さん好きですよ。粋だし、不器用なところ、とても共感できます。世界に誇るエンターティナーだと思います。
ああ、寅さんのDVDが無性に観たくなりました。最初の頃の作品がいいなぁ。今度、借りてこようっと♪
街のクマさん
2009/05/28 00:31
てぃんささん♪
あ〜♪本当におひさです!来てくださって、嬉しいです(^0^)
てぃんささんのお父様は小諸のご出身なんですね。とっても良いところで、うらやましいです。クマは、夕方の懐古園の美しい静けさに圧倒され、とっても感動に浸りましたが、朝の小諸、昼の小諸も体験したいです。
やっぱり、菅平!良いですかっ!う〜ん、行かねば!!
街のクマさん
2009/05/28 00:36

コメントする help

ニックネーム
本 文
【???Kg】 信州上田〜別所温泉〜小諸を経ての帰路でした♪ 街のクマさん 炎のダイエット日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる