街のクマさん 炎のダイエット日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【96.0Kg】 「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました♪

<<   作成日時 : 2009/09/23 00:53   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 10 / コメント 6

ばりばりオトコノコで、ブランドものの「シャネル」など、名前くらいしか知らないクマですが、観てきてしまいました!
「ココ・アヴァン・シャネル」という作品を・・・。

画像


この題名、日本語に訳すと「シャネルとして知られる前のココ」ということなんですって。ちなみに「ココ」は幼い頃に父親につけられた(?)愛称で、本当の名前はガブリエル。この作品は題名のとおり、幼少期のココの時代から、シャネルブランドでの成功を収めるまでの流れを伝えています。

クマの感想は・・・ねぇ。ちょっと 勿体無いなぁ  って、思った。

ガブリエルの成功への道のりは、映画の演出のやりようによっては、かな〜り魅力的な仕上がりにすることもできたはずです。世界的ブランド「シャネル」を築き上げた立志伝中の人物なのだから、もっとスリリングに、もっとエレガントに、そしてもっと繊細に撮ることができなかったのだろうか?この作品??っと正直なところ、残念無念に思ってしまいました。なんか、素材はエクセレントなのに演出として活かしきれていない歯がゆさが目立った作品だったような気がしたから・・・・・。

主演は「アメリ」「ダ・ヴィンチ・コード」のオドレイ・トトゥです。
クマは「アメリ」も観たことあるし、魅力的な女優さんなのだけれど、やっぱり彼女もこの作品の中ではいまひとつ精彩に欠ける感じでした。刺すような、射るような視線や、シンプルなファッションに身を包むしぐさに瞬時ドキッとしたりもしたのですが、それも一瞬の星座の瞬きに過ぎず「おおっ!」と鳥肌が立つようなブレイクなシーンは無かったです。希少な才能を持つ「シャネル」の創始者なのだから、作品の中でも「おおっ!すごい!」と、世間をあっと言わせる、胸のすくようなシーン、観たかったけどなぁ。

クマとしては、この映画を「おしん」のような「苦労を重ねた末のサクセスストーリー」であると勝手に想像していたんですが、そのあたりの描写が深く描かれているわけでもなく、どちらかというと、ちょっとした恋愛ストーリーに近い立ち位置なのかなぁ・・・とも思いました。

ちょっと辛口な感じの発言ばかりしてしまいましたが、そんなに「駄目駄目」な評価をしているわけでもないんですよー(^^;)
やっぱり、自分の価値観を持って、他人に迎合せず、逆に周囲を自分のペースに巻き込んでいくガブリエルという「一女性の描写」は魅力だし、スカーレット・オハラみたいなデコレートな格好をしている女性たちの群れのなかで、黒を基調としたシックなイデタチはセンスが光るし、「シャネル」の面目躍如♪のような「観ていて気持ちよい」シーンもありましたもん。
なによりも、ガブリエルが「無」からのし上がった女性という、その一点だけでもクマはリスペクトします。
今の世の中、右を見ても左を見ても、世襲の嵐です。政治家も、医者も、芸能人も、様々な伝統的な世界までが「その家に生まれれば、どんなに無能な奴でも立派に跡継ぎさ♪」みたいな風潮、顕著にありますよね。
だから、クマは豊臣秀吉とか、ガブリエルとか、田中角栄とか、大山倍達とか、そういうひとたち、尊敬するなぁ。まったくの「無名」から、天下を獲ったり、世界的な組織を作ったり、まさに「腕一本」で世の中を変えることに成功した。そういう能力を持つ人に対しては、妬むことなく、とことん素直に尊敬したいです。

だからこそ、クマはこの作品に「シャネルの立志伝」を期待したのかも。そして、それが「単なる恋愛小説」(しかも相当屈折した・・・)に過ぎなかったことに、正直失望したのかも・・・・。
うん・・・、たぶんそうなのだと思います。クマの辛口レビューは、たぶんそんな動機の成せるワザです。

でも、くわえタバコの仕事姿、かっこいい〜〜〜!
(これとて、嫌煙権が確立した21世紀の常識としては、信じられない暴挙ですが・・・・・)

画像



※ 以下の食事・運動・体重報告は、9月22日(火)の分のものです。

【INPUT】(食事)

 ・朝食(07:00) 実家で
          ・米飯
          ・貝の味噌汁
          ・前の日のおでんの残り物
          ・目玉焼き
          ・大山豆腐 一丁



 ・間食(12:00) 渋谷の喫茶店で(M美さんと)
          ・アイスカフェラテ 
          ・スパゲッティカルボナーラ
          ・シーザサラダ


 ・間食(13:30) 映画館で(M美さんと、渋谷シネパレスで)
          ・コカコーラZERO 


 ・間食(16:00) カラオケBOXで(M美さんと)
          ・ポテトチップス+チョコポッキー
          ・ウーロンハイ 2杯

 ・夕食(18:00) 某居酒屋へ(M美さんと)
          ・ビールをジョッキ3杯
          ・芋焼酎 2杯
          ・焼き鳥や焼きトン、そのほか諸々・・・・

 ・間食(22:00) 某甘味処へ(M美さんと)
          ・あんみつ
          ・緑茶


さて、実は今日、ちょっとだけ寂しい気分でブログを更新しています。
クマがなぜ突然に「シャネル」の映画なんかを観にいったのか、ちょっと、そのお話をしますね。

クマには美術館の鑑賞とか、そういう趣味を持つお友達がいます。このブログでも何度か「M美さん」として登場する、クマよりひとつ年上の女性の友人です。
今回、このM美さんから「映画を観ようよ」と誘いをいただいたのでした。クマは何度もいうように、今月はかなり苦しい金欠状態で、それはたぶん来月いっぱいまで尾を引く本格的な金欠なのです。ピンチなんです。
だから、この連休中のお誘いも全てお断りしましたし、ひとと会う予定は作るまい!!と固く決心していたんです。だって、人と遊ぶと、どうしてもお金、使っちゃうでしょ〜。

でも、今回はなぜかM美さんが「どうしても」みたいな嘗てないようなニュアンスだったので、クマはちょっとピンと来るものがあって、逆らわないでお金を下ろし、M美さんと会って、2人で「ココ・アヴァン・シャネル」を観たというわけなんです。

その後、カラオケに行って1時間ほど歌い、ちょっと居酒屋へ♪という感じになったのですが、その居酒屋で、M美さんが「海外勤務」になるという話をしはじめたんです。彼女は総合職の商社勤務なのですが、上海のコールセンターの仕事で転勤することで、内示がでたとのことでした。10月は、実家のある神戸に戻って、そこから渡航するのだそうです。そこで、もう時間も無いので「あ、クマにお別れしなくっちゃ」と思い出してくれたとのこと・・・・・。

その後は、色々思い出話とかして、笑いあり、涙ありの酔っ払いコンビになりました(苦笑)。クマとしては、ちゃんと餞別とか渡す機会がほしいと思ったんですが、そういうのはやめてほしいと云われ、せめて飲み代はクマがもつよ!ということにしました。(・・・恐るべし、言ってしまった!お金ないのに・・・・)

最後は立ち寄った甘味処の前で、実家に帰るため東急新玉川線に乗るクマとJRのM美さんで、右と左に別れました。
「振り向かないで歩こうよ」と言っていたんですが、クマは皆さんもご存知のとおり、未練がましいブザマな人間なんで、やっぱり振り向いてしまって、どんどん遠くに歩き去っていくM美さんの後姿をずっと見ていました。もし、万が一にもM美さんが振り向いたら大きく手を振ろう!と思っていたんですが、M美さんはとうとう最後まで一度も振り向かずに歩いていき、やがて人ごみに消えてしまいました。そしてその瞬間、とっても形容できないくらいの、寂しい気分に襲われたクマなのでした。

色々な出会いがあり、そして別れがあります。最後にクマのこと、思い出してくれて「一緒に映画を観よう、お酒を飲もう」と考えてくれた心が嬉しかったです。ブログやっていること、話してしまおうかとも思ったけれども、なぜかそれは言えなかった。でも、いまはそれでよかったような気もします。

大切なお友達がいなくなっちゃった・・・・・。  


【OUTPUT】(運動)

 ・なし


体重、明日は確実に増えていると思います。でも、今日はいいです。覚悟きめてます・・・・。

【 9月22日:96.0Kg(体脂肪率:実家の体重計のため、測定不可)】



カラオケでM美さんが歌っていた薬師丸ひろ子さんの曲・・・・、なんか深いなぁ。懐かしい・・・。

薬師丸ひろ子 Wの悲劇(YouTube)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ココ・アヴァン・シャネル
<<ストーリー>>孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサン(ブ ...続きを見る
映画君の毎日
2009/09/23 01:08
ココ・アヴァン・シャネル
姉とともに孤児院で育ちながらも、 世界的なファッション・デザイナーとして、 成功を遂げたガブリエル・“ココ”・シャネル。 ...続きを見る
花ごよみ
2009/09/23 06:25
ココ・アヴァン・シャネル
一人のフランス人女性ココが世界のブランド・シャネルになるまでを描いたこの映画。シャネル好きの方やフランス映画が苦手な方には退屈に感じる映画だとは思いますが、個人的には「流行」の先に「個性」があるものだというココの信念みたいなものを描こうとした映画に見えま.... ...続きを見る
めでぃあみっくす
2009/09/23 12:42
ココ・アヴァン・シャネル [映画]
原題:COCO AVANT CHANEL公開:2009/09/18製作国:フランス上映時間:110分鑑賞日:2009/09/20監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォスもし翼を持たずに生まれてき.... ...続きを見る
映画鑑賞★日記・・・
2009/09/23 14:24
映画 【ココ・アヴァン・シャネル】
映画館にて「ココ・アヴァン・シャネル」 ...続きを見る
ミチの雑記帳
2009/09/23 15:28
★「ココ・アヴァン・シャネル」
シルバーウィークで、連日ナイトショウまでやってるので、 久しぶりに観てきましたが、眠かったぁ。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2009/09/23 22:35
「ココ・アヴァン・シャネル」レビュー
映画「ココ・アヴァン・シャネル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォス、レジス・ロワイエ、エティエンヌ・バルトロミュー、ヤン.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2009/09/24 03:10
ココ・アヴァン・シャネル
シャネル映画第二弾。 シャネル公認の『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 ★★★★ ...続きを見る
そーれりぽーと
2009/09/24 14:06
ココ・アヴァン・シャネル
ココ・アヴァン・シャネル’09:フランス ◆原題:COCO AVANT CHANEL ◆監督: アンヌ・フォンテーヌ「恍惚」「ドライ・クリーニング」◆出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス ◆STORY◆修道院... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2009/09/24 18:33
「ココ・アヴァン・シャネル」華麗な帝国を作ったココのシャネル前夜
「ココ・アヴァン・シャネル」★★★ オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン主演 アンヌ・フォンテーヌ監督、110分、2009年、フランス、2009-09-18公開 ...続きを見る
soramove
2009/10/06 07:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
大切なお友達がいなくなちゃった?って、そんなサミシイ言い方ないよーーー。
また会えるよ!だって友達なんでしょ♪
宇宙旅行の時代だよ!上海に行ったおりには、また会えるでしょ?!
クマちゅんがリードしなきゃ!
ばりばりオトコノコなんだからサ♪ガンバ、ガンバ!!
イチゴ
2009/09/23 10:44
別れは辛いものですね?でも出会いがあれば別れがあります!だからって出会いを怖がらずガンガン行って欲しいと思います!頑張れクマさん!
ちょい悪
2009/09/23 12:14
イチゴさん♪
そーですよね。遠くに言っちゃう=いなくなっちゃう・・じゃないですもんね。元気コメントありがとー(^0^)です♪
でも、いままでのクマの経験上、疎遠になると「去るものは日々に疎し」のような関係になってしまうことがほとんどなんで、ちょっとさびしいなぁ・・って思ったのです。
でも、イチゴさんにガンバコメント貰ったので、前向きに頑張るね♪

  
クマちゅん
2009/09/23 22:45
ちょい悪さん♪
別れは辛いけど、出会いは楽しい(^0^)ですよね♪
今、知らない間柄のひととも、もしかしたら明日は友達になっているかも知れない!なんて考えるとワクワクしますね。新しい出会い、大切にしていきたいです。エールありがとう!ちょい悪さん♪
街のクマさん
2009/09/23 22:50

うヴ・・・(涙)

話を切り出す前の、クマさんと一緒に映画を観てる時のM美さん
クマさんとカラオケしてる時のM美さんの気持ちとか
分かれる時、最後まで振り向かないで電車に向かった気持ちとか
居酒屋でM美さんとの別れを聞いた時の、クマさんの気持ちとか
後ろ髪引かれて、M美さんが見えなくなるまで見送った時のクマさんの気持ちとか・・・

くどくてごめんなさい。

M美さんは、クマさんのブログでも度々登場されていたので
お会いしていないけれど、読んでいて悲しくなってしまいました。

極めつけ、クマさんが付けた動画の薬師丸さんの歌声で・・・(涙)

別れの時、悲しくなってしまう親しい方に出会えたクマさんが
私は羨ましいです。
ズッチャカ(日が経ってますが、ごめんなさ...
2009/10/06 00:57
ズッチャカさん♪
優しいコメント、ありがとー感謝です(^0^)
ひととの別れ、何度経験しても慣れないものです。でも、さよならだけが人生だ!と言ったひともいます。別れと出会いを繰り返して、ひとは強くなるのかも知れませんね。
こんなに温かいコメントをくださるズッチャカさんも、きっと温かい心を持ったかたなんでしょう。とても嬉しくなりました。
街のクマさん
2009/10/06 23:53

コメントする help

ニックネーム
本 文
【96.0Kg】 「ココ・アヴァン・シャネル」を観てきました♪ 街のクマさん 炎のダイエット日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる