街のクマさん 炎のダイエット日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【96.2Kg】 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観てきました♪

<<   作成日時 : 2009/12/27 04:40   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 22 / コメント 8

おはようございます!またまた早朝の更新になりました。クマです。たぶん3時間しか寝ていないです(^^;)

昨日はですね〜、実は休暇の1日の大半の意識が飛んでます・・・・・(汗)。
午前中に、とても悲しい出来事があって、いつの間にやらフテ寝してしまったみたい。気がつくと部屋が真っ暗になっていました。
そのことについては、このブログの一番最後に言及しますが、夜、あたまがクリアーになって、むしょうに楽しい気分に浸りたくなったので、電車で150円で行ける距離を、わざわざタクシーで2千円かけて映画館に駆けつけて、レイトショーで映画を観てきました。

「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」

画像


実はクマ吉は、原作もドラマ版も全く観ていないひとなのでした。ばりばり「のだめ初心者」です。
唯一の予備知識として、先日、映画の公開前に、TVで再放送だか、スペシャル版だかを放映していたのを、偶然途中から目撃しただけなのです。
ですから、ストーリーも背景もまったく知らず、この映画が「最終楽章」と題していることからも「ああ、ドラマを観ていないひとは楽しめないのかな?」と、勝手に思い込んでいました。そのため「観たい映画リスト」には入っていなかった作品なのです。
でも、同じ会社のM先輩から「予備知識がそんなになくっても面白い映画だと思うよ」というご意見を頂き、鑑賞することに決めたのでした。

今日、観た感想はですね・・、 面白かった!! に尽きます。

主演の上野樹里さん、可愛らしい役柄ですね♪この女優さん、以前に「キラー・ヴァージンロード」という映画を観てブログにレビューを書いたことがありますが、あのときの演技以上にぶっ飛んでいて、観ていて気持ちが軽やかになっていく自分がわかりました。ちょっと前に「ラスト・フレンズ」(だったっけ?)とかいうドラマで、シリアスな役柄を演じていたことがあったと思いますが、そのときのキリッとした男の子的な演技とは180度違うのでビックリ!!のだめちゃんの役の話し方は、舌っ足らずで、カルボナーラのように巻きつく「のはらしんのすけ君」みたいな喋り方なんですね(笑)。でも、そのコミカルな口調と、パワフルな行動が、観ていてとっても癒されました。

個人的に大笑いした場面はふたつありました。
ひとつは、のだめちゃんが千秋に真顔で「空気読めよ」と言うシーン。そしてもうひとつは「伝説のカレー事件」のシーンです。死にそうなウエンツの表情に、おなかを抱えて笑ってしまいました。

でも、この前編の主役は、なんといっても玉木宏さん演じる千秋ですね。
この映画、劇場で観る醍醐味のひとつとしては、実際のクラッシック音楽を濃厚に鑑賞できることでしょう。千秋の指揮のもと、美しい旋律が劇場に響き渡ると、クマはあたかも自分が正装してクラッシックを聴きにきている観客のひとりになったような気がして楽しめました。小学生のころ、クラッシックが大好きな友人の家で、ハイドンやシューベルト、リスト、マーラー、チャイコスフキーなどのレコードを連日のように聴いていた時期がありました。ほんの2〜3ヶ月の間ですが、その友人に感化されて、TVのN響アワーをビデオに録画したり、カセットにクラッシックを録音して一日中聴いていたり、家族も「なんなの?この子?」首を傾げるほど「マイブーム」になっていた時期があったんです。なぜか、季節の変わり目にマイブームは去って、普通にアイドルの曲を聴くようになってしまいましたが(笑)。
なんか、その頃のことを思い出して、また音楽鑑賞をしてみたい気分になってきてしまいました。

この「のだめ」ですが、後編は来年の春公開のようですね。必ず観ます♪ 
後編の上映の寸前には、たぶん前編はDVD化されるか、TV放映されると思うので、それを再度観て、前編の内容を思い出してから後編を観たいなぁ、と思っています。あと、こうなったら今更ですがドラマ版も観てみたいなぁ・・・と思いますね。原作はかったるいから、たぶん読まないと思うけど♪


※ 以下の食事・運動・体重報告は、12月26日(土)の分のものです。

【INPUT】(食事)

  ・朝食(08:00) 自宅で
           ・サッポロ一番塩ラーメン 2袋!!


  ・昼食 なし


  ・間食(20:30) 映画館で
           ・ポップコーンS
           ・コカコーラZERO

  ・夕食(23:00) 居酒屋で
           ・生ビール 1杯
           ・焼き鳥串 各種 10本
           ・シーザサラダ



【OUTPUT】(運動)

  ・なし



リエータ企画終了後のリバウンドがとまりません(涙)。運動せずに、飲んだり食ったりして、前日はケーキをワンホール・・・当然の報いかぁ。


【 12月26日:96.2Kg(体脂肪率:31.2%) 】



冒頭に書きましたが、昨日、悲しいことがありました。
午前中にクマの実家から電話連絡があったのですが、遠縁の親戚のかたが亡くなりました。享年95歳でした。
クマにとっては曽祖父の弟の奥さん、という関係なのですが、母方の祖父母の家の近所に住んでいたため、幼いころより本当の孫のように可愛がっていただき、大人になってからもたくさんのお手紙をくれたかたです。
クマも、本当の祖父母と、その「おばあちゃん」(そう呼んでいました)には、仕事の出張先や、プライベートの外出先から、甘いお菓子を贈ったりしていました。とってもとっても大切なかただったんです。

母から電話でお亡くなりになった時間を聞いて、そういえば、そのとき眠れなくってファミレスで「どう生きていこうか?」なんて柄にもないことを考えていた時間だったなぁ・・・・と思い当たりました。母も、その日はなぜか寝付かれず、一睡もしないで起きており、そのまま朝になって、訃報を受けたとのことです。
虫の報せ・・・・みたいなものなのかも知れませんね。

午前中に電話を受けて、携帯電話を手に持ちながら絶句・・・嗚咽して、母が受話器の向こうで、そんなクマを心配していたのを覚えていますが、その後、実は記憶が途切れてしまいました。
気がつくとなんと夕方になっており、陽の沈んだ真っ暗な部屋で、頭から布団かぶって寝ていました・・・・。

お葬式は28日・・・・、クマの会社の最終日だし、場所も遠いので、両親が代表して参列することになりました。
クマも駆けつけたいと思ったけど、血筋という意味ではあくまでも遠縁なので、今回は香典を立て替えてもらうということになりました。
95歳というと、人は皆「大往生だ」といいます。先月亡くなった父方の祖母も95歳でした。でも、それで納得し、悲しさが薄れるものではありません。最近、ひととの別れが多すぎて、きつ過ぎます。「死」は誰にでもやってくるものだけれども、「死」はクマにとって美しいものじゃないです。「死」は終わりであり、別れです。暴力的な突然すぎる別れです。今後、こうして1本1本の櫛が抜けるように、ひととの別れを重ねていくんだろうと思うと切ないです。

大切なひとが、だんだん消えていってしまいます・・・。


REBECCA−WHITE SUNDAY(YouTube)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(22件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画「のだめカンタービレ」良かったです♪
私はドラマ版「のだめカンタービレ」の大〜〜ファンです! コミック版とTVアニメ版も見たことはあるのですが、原作よりもドラマ版が一番好き&... ...続きを見る
ポコアポコヤ 映画倉庫
2009/12/27 08:32
のだめカンタービレ 最終楽章 前編
2006年にフジテレビで放送され、人気を博した「のだめカンタービレ」の完結編。原作の方も完結みたいなので、本当に最終楽章=完結編と言うことの様です。 ...続きを見る
勝手に映画評
2009/12/27 10:24
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 (玉木宏さん)
◆玉木宏さん(のつもり) 玉木宏さんは、現在公開中の映画『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に千秋真一 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 ...続きを見る
yanajunのイラスト・まんが道
2009/12/27 10:49
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」ダメオーケストラを見事に再建した千秋の指揮者プロデビュー
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」は2006年に放送されたドラマ「のだめカンタービレ」の続編で千秋先輩を追ってパリに留学したのだめが千秋との共演を目指して毎日課題曲に励むも、千秋がプロの指揮者となってオーケストラの公演で成功させていく事で距離が離れそう... ...続きを見る
オールマイティにコメンテート
2009/12/27 17:25
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』 (2009)
いやあ、この映画版はホント面白かったです。いや、「楽しかった」のほうが近いかな。(^_^)  のだめが進級試験で弾く「トルコ行進曲」のように、遊び心に溢れていて独りよがりで薄っぺらくて、キラキラ輝いているくせにチャラチャラしていて、楽曲を深く理解して弾いているというよりは ...続きを見る
よーじっくのここちいい空間
2009/12/27 18:11
のだめカンタービレ 最終楽章 前編☆独り言
さすがというかフジTV、公開前日にはSPドラマの再放送ときましたか(笑)ええ、策略にまんまとかかってもかまいません。公開初日は、仕事も休みでラッキーっと『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』にいそいそと出かけてしまう猫。漫画ではまって、TVドラマはどうなのよ?っ ...続きを見る
黒猫のうたた寝
2009/12/27 22:32
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」レビュー
映画「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、チャド・マレーン、福士誠治、吉瀬美智子、伊武.. ...続きを見る
映画レビュー トラックバックセンター
2009/12/28 05:47
のだめカンタービレ 最終楽章 前編
(2009/日本)【劇場公開】 監督:武内英樹 出演:上野樹里/玉木宏/瑛太/水川あさみ/小出恵介/ウエンツ瑛士/ベッキー/山口紗弥加/山田優 ...続きを見る
小部屋日記
2009/12/28 09:53
のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編>
のだめ見てきました〜〜〜! レイトショーで映画終わったら12時(疲)!@@! でも面白かった〜。行って良かったです。 期待を裏切らなかったです。 あちこちに散りばめられた細かいギャグに、映画館中で笑いが起きてました! この漫画で、クラシックファンは確実に増えたでしょうね〜〜〜。 今回楽団として出演しているのは、半数がブルノ・フィルハーモニー管弦楽団。 映画館の大音響で聞くクラシックは、感動ものですよ〜^^v。 最後はちょっと悲しくなっちゃいましたけど、ね・・・。 頑張れ!のだめ... ...続きを見る
美味−BIMI−
2009/12/28 15:10
【のだめカンタービレ 最終楽章 前編】はい。のだめ祭りです
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 ...続きを見る
映画@見取り八段
2009/12/28 18:10
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」映画感想
スペシャルドラマのヨーロッパ編 を見てから嵌った新参者ですが、その後日談を2回に分けて映画化した「のだめカンタービレ 最 ...続きを見る
Wilderlandwandar
2009/12/28 23:15
のだめカンタービレ 最終楽章 前編 2009-57
ヨーロッパ編のレギュラー、ベッキー、ウェンツ、山田優等に加えて、新たなメンバーも加わって、物語を盛り上げてる!? ...続きを見る
悠久の華美
2009/12/29 17:17
のだめカンタービレ最終楽章 前編
のだめカンタービレ最終楽章 前編’09:日本 ◆監督: 武内英樹「ホームレス中学生」(TV) 「のだめカンタービレ」(TV) ◆出演:上野樹里、玉木宏、瑛太、水川あさみ、小出恵介、ウエンツ瑛士、ベッキー、山口紗弥加、山田優、谷原章介、なだぎ武、福士誠治、吉瀬美智子、伊.... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2009/12/29 21:58
■のだめカンタービレ 最終楽章 前編見てきちゃいました・・・ブヒッ
待ちに待った「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」をまたまた松戸のシネサンシャインで見てきちゃいました。 20:00以降はレイトショー料金なのと近いのが素晴らしい! ...続きを見る
AKATUKI DESIGN 
2009/12/29 22:00
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」クラッシック音楽が好...
「のだめカンタービレ 最終楽章 前編 」★★★★☆オススメ 上野樹里 、 玉木宏出演 武内英樹監督、121分 、 2009年12月19日:公開 ...続きを見る
soramove
2010/01/03 19:28
★「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」
今年の劇場鑑賞映画の一本目ーーーーーーーーーーーーーっ。 こんなんでいいのか???とも思ったけど、 基本的にギャグ映画も好きだし・・・ 昨日DVDでピアノものの「4分間のピアニスト」観たし、 一応音楽繋がり・・って事で。 ...続きを見る
★☆ひらりん的映画ブログ☆★
2010/01/07 23:06
『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』に学ぶ世界戦略
 『のだめカンタービレ 最終楽章 前編』は、ヨーロッパを舞台にした映画だ。 ...続きを見る
映画のブログ
2010/01/09 00:11
『のだめカンタービレ最終楽章 前編』完成披露試写会@東京国際フォーラム ホールA
基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回は、3度エキストラに出掛け、キャストや撮影現場を間近で見たり、バッチリ映っちゃったり(エキストラレポート)なんかもした、ドラマ『のだめカンタービレ』の続編、『のだめカンタービレ最終楽章 前編』の完成披露試写会... ...続きを見る
|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο
2010/01/10 23:06
のだめカンタービレ
 本年の劇場鑑賞映画の第1番目として 「のだめカンタービレ/最終楽章 前編」を、吉祥寺の映画館で見ました。 ...続きを見る
映画的・絵画的・音楽的
2010/01/11 06:16
のだめカンタービレvol.44 映画2回目!^^!<のだめカンタービレ最終楽章・前編>
のだめの映画!2回目行っちゃいました〜〜 ぎゃぼ〜〜〜〜! アニメ<のだめカンタービレvol.43 アニメ・フィナーレ 第1話 「Lecon 1」> を見た後に観る映画は、また違く感じました。。。 あらすじ詳細は、前回の記事、 <のだめカンタービレvol.42 映画<のだめカンタービレ最終楽章・前編>> に書いたので、ココでは詳しく書きませんが・・・。 やはり、何度観ても、映画館中に響き渡るクラシックはいいものですね^^v。 ヨーロッパ(フランス・チェコ・スロバキア・オーストリア... ...続きを見る
美味−BIMI−
2010/01/19 16:19
映画:のだめカンタービレ 最終楽章 前編
 2006年の10月テレビドラマでやっていたのだめカンタービレ。実は見たのは2008年。2年間もハードディスクレコーダーのハードディスクに記録されていたのを見ました。おもしろいじゃんと思った時には2008年1月の「のだめinヨーロッパ」終わっており観ていないんですが、今回のだめカンタービレ 最終楽章前編を見てきました。 ...続きを見る
よしなしごと
2010/01/21 07:55
のだめカンタービレ最終楽章前編
★★★★☆  マンガを原作にした映画は、ほとんどが評判が悪いのだが、この映画に限っては大好評なのだ。原作を全く知らない私には、のだめというタイトルからして、何となくバカバカしいイメージが湧いてくる。それで当初は敬遠していたのだが、余りにも評価が高いので、今 ...続きを見る
ケントのたそがれ劇場
2010/03/03 13:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよ。睡眠不足かな?
いろいろと大丈夫?
あのね、誰かの生きた証はね、必ず誰かの中に残るんだよね。だから、クマさんの抱いている感情や想いもクマさんの大切な方々の大切な大切な生きた証だと思うの。
そうだね。時は新たな悲しみを運ぶけれど、時が悲しみを乗り越えさせてくれることもあるよね。区切りというのかな。その時がくるまで、ね、クマさん。クマさんの心はとても優しい心だね。
毎度、意味不明でごめんね。

リバウンド特別許可出ました〜。な〜んてね(^^:;)。ダイエットもリバウンドも自分に無理ない程度にね。私はいつでも増量中です。
川さん
2009/12/27 08:26
クマさん・・今はまだお休み中かな・・。
私は職業上たくさんの人の最後に接してきました。
『死』というものの捕らえ方は・・実際に看取った場合と訃報で知るとでは全然違います。知らせだけで聞いたのでは悲しみだけが残るでしょうけど・・
看取った場合は、その方の人生の生き様を感じる時があります。
これは体験すれば解るのでしょうけれど・・
上手く言えませんが・・生きる手形を託されたような・・感情が私はします。
クマさんがやさしいが故に苦しむ事もあるかもしれませんが・・思い出は不変ですからね。思い出を語るのも供養です。

話は変わり・・『のだめカンタービレ』です。
この作品漫画からのドラマ化・・今回の映画化と進化しましたが・・。
それぞれ別物になる位・・それぞれの形で完成しています。
先に映画を観た方の感想も好評でした。
これは密かに子供達と観に行く予定にしてますが・・息子の部活次第かな・・。

年末実家に帰るまで頑張れクマさん
くま&クローバー
2009/12/27 10:09
↑↑
私も、<クマ&クローバーさん>と 同感です。
自分自身が直面した死は、生き様を感じる・・・まさにその通りだと思います。
死と同様に、多分 同じ数だけ 生にも 巡り合うはずです。
今は、悲しみにつながるような <わかれ>の場面が、多いだけ・・・
でも、必ず 今度は、生につながります。
辛いでしょうが、がんばれ!!
ゆり
2009/12/27 14:47
クマさん、哀しい思いをしましたね。
死んでもいい歳なんてないですよね。
何歳だろうと、『死』はやはり平等に悲しいものです。別れは切ないです。

虫の知らせ…あるんですね。大切に思っている人に何かあった時、それを知らせに来てくれるんでしょうか…お別れを言いに来てくれたのかな。と思いました。
マミー
2009/12/29 00:11
川さん♪
リバウンド許可、さんくすです(^^;)でも、本当にリバウンド止まらないよ〜(泣)。食べて、運動しないとこうなるのは当たり前なんだけれども、暴飲暴食しても太らない人っていますもんね、うらやましーな。
川さん♪意味不明じゃないですよ(^0^)川さんの温かいコメント、クマには勿体無いくらいです。ありがとー!クマも、誰かに「生きた証」残したいです!
街のクマさん
2009/12/30 00:19
くまクロさん♪
う〜ん、クマ吉は、実は人の死を目の前で看取ったことってないんです。だから、よくは判らないんですが、きっとくまクロさんの仰るように、「死」は生きたという事実の最終章なんですもんね。「人生の幕引き」などという言葉もありますが、自分も死ぬときは、きちんと「幕引き」したい・・・そんなことを考えてしまいました。
さて「のだめ」ですが、可愛らしい映画でした♪ぜひご家族で(^0^)!
楽しいひととき、共有してくださいね〜。
街のクマさん
2009/12/30 06:28
ゆりさん♪
ありがとうございます。もう、だいぶ気持ちは落ち着きました。冷静に考えれば、95歳まで人生を全うし、老衰で自宅で息を引き取るっていうのは、とっても恵まれたことなのかも知れません。クマの田舎の風習では、90歳を過ぎてなくなると「長生きしておめでたい」ということで、棺を赤い布で覆い、その赤い布の切れ端を貰って身につけると、自分も元気で長生きできる、という言い伝えがあるんです。大学生の頃、クマの曽祖母が96歳で逝ったときに貰った赤い布は、今でも身につけています。今回も、母から赤い布の切れ端、もらいました。大切にしたいと思います。
街のクマさん
2009/12/30 06:35
マミーさん♪
お気遣いいただいてありがとうございます。感謝です。
そうです。何歳であっても、やっぱり自分に優しくしてくれた身近な人の死は、悲しいものです。クマの家系は長寿の人が多く、これまでに経験した親戚や祖父母の死は、一部の例外を除いて、ほとんどが90歳を過ぎての逝去なので、本来は「よくぞここまで長生きした!」と納得できそうなものなのですが・・・う〜ん、そこは理屈では判っていても、どうしても心がな得できない。悲しい・・・という感情に嘘はつけないものなんですね。
虫の知らせ・・・お別れを言いにきた・・・うん、そういうの、信じたいなぁ。大切なひとだったら、たとえ幽霊でもいいから会いたいと思う・・。
街のクマさん
2009/12/30 06:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【96.2Kg】 「のだめカンタービレ 最終楽章 前編」を観てきました♪ 街のクマさん 炎のダイエット日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる