街のクマさん 炎のダイエット日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【100.0Kg】 「運命のボタン」を観てきました♪

<<   作成日時 : 2010/05/23 12:08   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 9 / コメント 2

おはようございます♪
と、申しましても、もうお昼ですね(汗)。惰眠をむさぼってしまいました。
午後の半日だけでも頑張ってアクティブに生活しま〜す (^−^;)

さて、実は昨日も、お部屋でのんび〜りと1日を過ごしてしまい、すっかりタガが外れたような無気力なクマです。それでね、夕方になって外出し、ちょっぴりウォーキングを兼ねて、ナイトショーの映画を観に行ってきました。

以前から「観よう!」と思いつつ、機会を逸し続けてきた、この作品・・・・・。

「運命のボタン」

画像


さて、キャメロン・ディアス主演のこの作品。ジャンルとしてはサスペンス・スリラーという括りなのでしょうか。
ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んでしまうという謎のボタン装置を、突然に送りつけられてしまった夫婦の数奇な運命を描いています。

観た感想を一言で述べちゃいますと・・・・・・、

怖い!切ない!救いが無い!!  ・・・・の三重奏でした(涙)。

細かいディテールやネタバレ的な発言は控えますが、本当に「そりゃないだろ?」という内容でした。つまらないという意味ではなく、主人公が可哀想すぎるという意味での「そりゃないだろ?」です。

クマは当初、ボタンを押すか?押さないか?で延々と悩み、最後に決断をしてボタンを押す、さて、その結果、意外な結末が??・・・・というテイストの作品なのだろうと勝手に想像していたのですが、その予想は裏切られました。主人公は、以外にも早い段階で決断しちゃっています。でも、クマが「怖い」と思ったのは、その決断のあと、主人公夫婦に襲い掛かる過酷な出来事の数々です。
ここから先は完全に「ホラー映画」になり果てました・・・・・・。レイトショーで観たからかもしれないけど、こりゃ〜帰り道、嫌だなぁ・・・・と、誰にも襲われそうも無い「巨漢男子」のクマでさえ不安になってくるくらい、心理的に駄目でした。
(><)

さて、観賞している途中、クマはこの映画の題名は、原題のままの「THE BOX」でよかったんじゃない?という想いがずっと頭から離れませんでした。邦題をつけるにしても「箱」でいいじゃん!なんでわざわざ「運命のボタン」にするの??・・・・って。でも、最後まで観終わって、エンドクレジットが流れているとき、ふと「ああ、この作品、やっぱり「運命のボタン」でよかったかも」と思い直しました。だって、本当にこの主人公の夫婦にとって、ほかならぬ「運命のボタン」だったのですから。

この作品は、星新一さんのショートショート小説のような、イソップ寓話的な教訓話につながるかもしれない作品です。ボタンを押すかどうか?は「大金を得て、どこかの知らない人が死ぬ」ことを選択できるかどうか!の踏み絵なんです。宗教に詳しくないクマには解らなかったのですが、宗教的な意味合いからみると、違った視点で評価がなされる作品かもしれませんね。

でも、この作品、大切なものが何かひとつ足りない・・・・・。クマは、そう思いながら劇場を後にしました。その「大切なもの」とは何なのか・・・・、実は適切に説明できる答えは得ておりません。ただ、この作品が全米で「大コケ」したと言われている理由は、きっとそこにあるかも知れない、と思えるのです。端的に言って、この作品の作り手には「人間に対する愛」を感じません。言いようの無い、不気味なまでの「悪意」を感じる・・・・。「いいや!そうじゃない!!」と、作り手側は否定するかも知れませんが、少なくともクマはそう感じたなぁ。「怖がらせる」とか「考えさせる」とか、そういう狙いは解るけど、そこには「人間を信じる」要素や、どこかに「救い=愛がある」という、情緒を醸しだすペーソスが必要なんだと思います。この作品には、その「最も重要なスパイス」が注ぎ込まれていなかった・・・、主人公のキャメロン・ディアス演じる女性は、様々な人生のハンデにもめげず、一生懸命つましい生活を送ってきた「善人」なんです。その彼女の人生の結末が、あまりに絶望的過ぎました。彼女がいったい何の罪を犯したといえるのか?人間だったら、誰だってそうするだろ??(怒)酷いじゃん!!・・・・って。

う〜ん、クマは評論家でもないのに、ちょっとばかり生意気かも知れません。ゴメンナサイ・・・。

最後に余談ですが、エンド・クレジットの時間にバラバラと席を立って、クマの前をガンガン横切る観客の皆さんに、クマはちょっと「ムッ」とすることがあります。
これはポリシーの問題なので仕方が無いのですが、クマは「映画は館内が明るくなるまでが作品」という考えの持ち主です。小学校のとき、学校の先生が「家に帰るまでが遠足です」と仰った、あの教訓が今に生きています。
エンド・ロールの後に追加のシーンがあろうが無かろうが、そこまで余韻を楽しみたいんです。クマに言わせれば、エンド・クレジットのときにバタバタ立ち去るのは、演劇を観にいって、カーテンコールの拍手をしないで劇場をそそくさと去るひとや、料亭で出された心尽くしの料理を全品半分くらいずつ残して帰るひとと同じ・・・・。別に刑法に触れる行為ではないですが、マナーの面でどうかな?と思うんです。別に個人の信条ですので、構わないのですが、せめてコッソリ忍び足で出てください。「いや〜、面白かったなぁ」などと大声出しながら、人の前を横切らないで欲しい・・・、そういうひとは、自宅でDVDを観ればよいのに・・・・って、今日のクマはちょっとだけ八つ当たりキャラ??


※ 以下の食事・運動・体重報告は、5月22日(土)の分のものです。

【INPUT】(食事)

 ・朝食(08:00) 自宅で
           ・明治ブルガリアヨーグルトそのままで 450g

 ・昼食(12:30) 自宅で
           ・米飯
           ・インスタント味噌汁
           ・惣菜の唐揚げ、サトイモ、ベリーリーフ


 ・夕食(20:00) 映画館に隣接している四川料理店で
           ・生ビール
           ・焼き餃子20個

 ・間食(21:30) 映画館で
           ・コカコーラZERO


昨晩は、川崎のTOHOシネマズに出掛けたので、割チケを使ってタイ料理のお店でサパーしようと思っていたのですが、映画館のチケット販売所のすぐ後方にある四川料理のお店で「焼き餃子20個700円!!」という立て看板を発見♪迷わず入ってしまいました(苦笑)。

画像


【OUTPUT】(運動)

 ・自宅と映画館の往復を遠回りして・・・約2時間ウォーキング



う〜ん、ついに3ケタの大台に乗ってしまった(涙)。ジャストです。(T0T)

【 5月22日:100.0Kg(体脂肪率:32.0%) 】



最後まで読んで戴き感謝です(^−^)
お帰りの際、下のクマ吉くんをポチっとしてくれたら嬉しいです♪


人気ブログランキングへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(9件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
運命のボタン
リチャード・マシスンの短編小説を原作に、キャメロン・ディアス主演で 映画化したサスペンススリラー。 ある日、ボタンを押せば大金が手に入り、その代わりに見知らぬ誰かが死んで しまうという謎のボタン装置を送りつけられた夫婦の運命を描くサスペンス スリラー。1976.. ...続きを見る
だらだら無気力ブログ
2010/05/23 22:17
運命のボタン
『運命のボタン』 ---THE BOX--- 2009年(アメリカ) ...続きを見る
こんな映画見ました〜
2010/05/23 22:31
運命のボタン
運命のボタン&rsquo;09:米◆原題:THE BOX◆監督:リチャード・ケリー「ドニー・ダーコ」◆出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ◆STORY◆1976年、ヴァージニア州のとある街。郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届け... ...続きを見る
C'est joli〜ここちいい毎日を〜
2010/05/23 23:35
「運命のボタン」
帰りに年配の女性客二人連れが「悪意に満ちた映画ね」と言っていたが、同感。 ...続きを見る
prisoner's BLOG
2010/05/24 05:47
運命のボタン
ボタンを押せば一億円、ただし見知らぬ誰かが死ぬ。決断の期限は24時間。あなたなら押す?・・・押さない?__。 物語:1976年、ヴァージニア州のとある街。ある日の明け方、郊外に住むノーマとアーサーの夫妻の元に、謎の箱が届けられた。アーサーが開けてみると、そ... ...続きを見る
パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ
2010/05/24 12:22
運命のボタン
1976年12月の早朝、 ヴァージニア州郊外に暮らすノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻宅の玄関前に、赤&... ...続きを見る
心のままに映画の風景
2010/05/24 13:28
運命のボタン
あるテレビ番組を観ていたら、 映画評論家とか映画監督がいくつかの映画を採点していて、 これ、酷評だったんですよ。( ^ _ ^; その様子を配給会社の人たちが 陰で見ているのですが、 気の毒になってしまうくらいでした。 私もいつも言いたい放題なのでちょっと反省しま ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2010/06/23 03:57
運命のボタン
作品情報 タイトル:運命のボタン 制作:2009年・アメリカ 監督:リチャード・ケリー 出演:キャメロン・ディアス、ジェームズ・マースデン、フランク・ランジェラ、ジェームズ・レブホーン あらすじ:ある日の朝、ノーマ(キャメロン・ディアス)とアーサー(ジェームズ・マースデン)夫妻の元に、赤いボタン付きの装置が入った箱が届く。夕方、謎めいた男がノーマを訪ね「このボタンを押せば100万ドルを手に入れられるが、代わりに見知らぬ誰かが死ぬ。考える猶予は24時間」と驚くべき提案を持ちかける。二人は迷いながら... ...続きを見る
★★むらの映画鑑賞メモ★★
2010/10/28 02:31
【映画】運命のボタン
<運命のボタン を観ました> ...続きを見る
★紅茶屋ロンド★
2010/11/20 21:50

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
おはよう(^O^)

『運命のボタン』興味津々・・・うつ病になり、映画館へ行けなくなってしまいましたが、観てみたい・・・もう!うつ病の馬鹿!

餃子、20個で700円ですか?安っ!わたしも20個ぐらいならビールと一緒に食べれちゃうな。
でもクマさん、100.0になっちゃったね・・体の方が心配です。毎日のストレスが食欲にいっちゃうのかなぁ?クマさん、まわりに優し過ぎるから・・・無理しないで。。
タマ
2010/05/23 14:47
タマさん♪
心配してくれてアリガトー(^0^)です。そーなのです。ついに久しぶりの大台乗り・・・しちゃいました。困った・・・・(涙)。
餃子はビールに合いますね♪でも、同じ味20個は、ちょっと食傷気味だったかも。クマは無理して完食しちゃうのが駄目なところなんですよね・・。
街のクマさん
2010/05/23 21:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
【100.0Kg】 「運命のボタン」を観てきました♪ 街のクマさん 炎のダイエット日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる