【100.5Kg】 「ワールド・オブ・ライズ」を観てきました♪

すっかり日付も替わってしまいましたが、今日は映画を観てきました。

Oさんの御宅で一晩ご厄介になり、寝ていないまま早朝に自宅に帰り、まずは3時間ほど仮眠をとりました。丁度、TOHOシネマの回数ポイントが溜まって、1回無料で観られるタイミングだったこともあり、目を覚ました後、川崎まで足を延ばして、今年最後の映画鑑賞を楽しんだのです♪
しっかし、今年はたくさん映画を観たよねー。来年も、この勢いは止まらない予感がしているクマです。

「ワールド・オブ・ライズ」

画像


これ、ジャンルとしては、スパイ映画って言えばいいのかなぁ?

レオナルド・ディカプリオ演じるジャーナリスト出身のCIA工作員が、ラッセル・クロウ演じるCIA本部の上司や、ヨルダン情報局の顔役と、丁々発止しながらテロリスト組織の特定、捕獲に邁進する・・・・みたいな。

とにかく、この作品、ディカプリオが走る!走る!の大活躍ですね。ディカプリオとラッセル・クロウのダブルキャスト!みたいな感じの紹介のされ方ですが、実際の主役はディカプリオだけじゃないのかなぁ、っていうのが、クマの偽らざる感想です。

実際のストーリーについては詳しく書きませんが、確かに題名どおり「嘘」というか「騙しあい」がテーマにはなっています。同じく対テロリストという目的であっても、現場の工作員と、現地情報局、そして遠く海を隔てた安全圏から指令を出す本部の上司という、それぞれの立場の違いが、そのまま思惑の違いとなって、決して一枚岩ではない組織というものを如実に映し出していますね。あたかも日本の警察ドラマの、キャリアとノンキャリの確執みたいな図式。3者がテーブルを挟んで、ポーカーゲームをしているみたいな、息の詰まる駆け引きを楽しむことが出来る作品に仕上がっていると思います。テンポもいいし♪

ただ、作品の楽しみ方とは別の次元で、実際に現実に起こっている中東の混迷、事件、テロを思うとき、フィクションとして純粋に楽しむことは出来ない作品であることも事実です。だって、実際に、毎日のように中東ではたくさんの人が死んでいるんだもの。

推測しかできないですが、たぶん、この作品のなかの動きに近いことや、むしろそれ以上のことを、実際にCIAは行なっているはずです。現実の世界でね。だってさぁ、太平洋戦争がはじまるずっと前、まだ日本とアメリカが友好国だったとき、ベーブルースとかの大リーガーが来日して、日米の野球の親善試合をしたことがありましたよね。あのとき、大リーガーの選手団のなかにはCIAのスパイが紛れ込んでいて、東京中の写真を撮りまくって、アメリカに持ち帰り、その写真が後年に東京大空襲をするときの重要な材料になったっていうんですから、油断もすきも無い諜報機関です。

20世紀後半以降、パクス・アメリカーナの時代と言われて久しいですが、間違いなく現在の世界でメトロポリタンな力を持っているのはアメリカ合衆国です。かつて、歴史上で、これほどまでにひとつの国家が世界を牛耳った時代は無かったはずです。ソ連崩壊後、アメリカに伍する国は皆無になりました。まだ、当分はアメリカが「世界の王様」であるという時代が続くと思います。軍事力、経済力、政治力、その全てを握っています。とことん他国を凌駕していますからねぇ。
中東で起こっているあらゆる現象もそうですし、アジアだって、いつ、また火種になるかはわかりません。あの国は、軍事産業を枯渇させないために、10年に一度は戦争をしなければいけないように義務付けられているって、何かの本で読んだことがありますが、確かにアメリカは、相手国を変えながら、きっかり10年に一度は戦争をしていますもの・・・・・・。怖いなぁ。

そういう深刻なことを脳裏にかすませながら、この映画を観たクマ公でしたが、最後にひとつだけ気になることがあります。

この映画の役作りのために、30Kg近く太ったラッセル・クロウさんは、どうやって体重を元に戻すつもりなんでしょうか??その方法を、是非クマも真似したいものです。教えてチョ!  っと、いうより、ラッセルさん、本当に痩せられるかなー?



【INPUT】(食事)

  ・朝食 なし


  ・昼食(12:00)回転寿司屋で
           ・握り寿司 10貫
           ・あら汁
           ・緑茶


  ・間食(15:00) サイゼリアで
           ・えびマカロニグラタン
           ・カフェラテ 3杯


  ・夕食(19:00)実家に帰って
           ・米飯
           ・モヤシの味噌汁
           ・大根(豚と一緒に柔らかくしたもの)
           ・豚の角煮
           ・ムロアジの干物
           ・焼き豚スライスとサニーレタス


  ・間食(21:00)実家で
           ・プリン 1個            




【OUTPUT】(運動)

  ・なし・・・・・、ずっとだねぇ。明日からは運動しよっと。




【 12月29日:100.5Kg(体脂肪率:31.8%) 】

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: デイビッド・イグネイシアスの小説「ボディ・オブ・ライズ」が原作で、監督はリドリー・スコット、主演はレオナルド・ディカプリオ&ラッセル・クロウのスパイもの。 <あらすじ> CIA中東局の主任ホフマン(.. Weblog: Yuhiの読書日記+α racked: 2008-12-30 01:53
  • 劇場鑑賞「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」を鑑賞してきました今年ラスト!!!「グラディエーター」「アメリカン・ギャングスター」のリドリー・スコット監督によるアクション・サスペンス。テロ首謀者を捕まえようとする諜報員た.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2008-12-30 06:27
  • 兵隊の上に胡坐をかく将軍の愚かさ。『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: テロリストのリーダーを捕らえる為、奔走するCIA工作員の物語です。 Weblog: 水曜日のシネマ日記 racked: 2008-12-30 07:27
  • 「ワールド・オブ・ライズ」 アメリカが嫌われる理由

    Excerpt: 最近、全世界的にアメリカの不人気が高まっているように思います。 具体的には本作で Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2008-12-30 07:58
  • 『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: (原題:Body of Lies) 「オダジョーがなぜかディカプリオとラッセルに…」 -----ん?それって、どういうこと? 「いや、今日は『悲夢』という キム・ギドク監督の作品を喋る予定だったん.. Weblog: ラムの大通り racked: 2008-12-30 10:43
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: どっちの嘘が、世界を救うのか。 原題 BODY OF LIES 製作年度 2008年 上映時間 128分 原作 デイヴィッド・イグネイシアス 『ワールド・オブ・ライズ』(小学館刊) 脚本 ウィリアム.. Weblog: to Heart racked: 2008-12-30 11:51
  • ワールド・オブ・ライズ/BODY OF LIES

    Excerpt: リドリー・スコット監督最新作。 ほんとラッセル・クロウがお気に入りだな~。 名作『グラディエーター』、『プロヴァンスの贈りもの』、 『アメリカンギャングスター』に続いて4回目の起用。 電話一本で.. Weblog: 我想一個人映画美的女人blog racked: 2008-12-30 18:57
  • [映画『ワールド・オブ・ライズ』を観た]

    Excerpt: ☆仕事が忙しく、短い更新でゴメンね。  なお、私の本名は「ナカムラ」と言うのだが、来年の元日に「ナカデミー賞」を発表したいので、皆さん、チェケ!!  さあ、作品賞は? 美女賞は? 美少女賞は? 美.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2008-12-30 21:23
  • ★ワールド・オブ・ライズ(2008)★

    Excerpt: BODYOFLIESどっちの嘘が、世界を救うのか。メディア映画上映時間128分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ワーナー)初公開年月2008/12/20ジャンルサスペンス/アクション映倫PG-12【解説.. Weblog: CinemaCollection racked: 2008-12-31 03:24
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: 【BODY OF LIES】PG-122008/12/20公開(12/20鑑賞)製作国:アメリカ監督:リドリー・スコット出演:レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ、マーク・ストロング、ゴルシフテ.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2008-12-31 22:16
  • 「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 「ワールド・オブ・ライズ」試写会 東京国際フォーラムホールAで鑑賞 すみません。 ちっともわかりませんでした。 リドリー・スコットらしいといえばそれまでだし、よくあるよね、こんな映画といっ.. Weblog: てんびんthe LIFE racked: 2009-01-01 00:45
  • ワールド・オブ・ライズ

    Excerpt: テロ組織を相手に、熾烈なスパイ戦をくり広げる男たちの偽りに満ちた世界! 世界一の嘘をめぐるアクション・サスペンス超大作! 物語:中東のCIA工作員フェリス (レオナルド・ディカプリオ) はと.. Weblog: パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ racked: 2009-01-03 03:10
  • ワールド・オブ・ライズ★原題:BODY OF LIES

    Excerpt:  新年一発目は、この作品です。 ぼくも、民衆も知っている。 子どもでも知っていることだーーー 危険を加えられた者に きっと仕返しをする、と。  W・H・オーデン 「もうひとつの時代」 12月.. Weblog: 銅版画制作の日々 racked: 2009-01-03 21:12
  • 映画 『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt:    ☆公式サイト☆CIAに雇われた元ジャーナリストの男が、ヨルダンで大規模なテロ組織を追跡する姿を描くサスペンス・ドラマ。ワシントン・ポスト紙のコラムニスト、デヴィッド・イグネイシャスの原作を『アメ.. Weblog: きららのきらきら生活 racked: 2009-01-04 11:08
  • 『ワールド・オブ・ライズ』

    Excerpt: だんだん年末のバタバタでなかなか当日更新が難しくなってきてますw。 今回はこの前の『プライド』の試写会の後に新宿ピカデリーにて鑑賞した『ワールド・オブ・ライズ』。 思っていたほどにはとっつきにくい.. Weblog: cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー racked: 2009-01-07 13:24
  • ★「ワールド・オブ・ライズ」

    Excerpt: 今年1本目の劇場鑑賞作は、 映画鑑賞中にクルマの洗車まで出来ちゃう「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。 もちろん洗車は有料です。 Weblog: ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ racked: 2009-01-09 03:39
  • 映画 「ワールド・オブ・ライズ」の感想です。DVD発売!

    Excerpt: レオナルド・ディカプリオとラッセル・クロウが共演した映画「ワールド・オブ・ライズ」のDVDとブルーレイが4月29日にリリースされました。この映画は2008年12月の公開でした。私は劇場公開時に観ました.. Weblog: MOVIE レビュー racked: 2009-05-04 03:16
  • 「ワールド・オブ・ライズ」(BODY OF LIES)

    Excerpt: 「ブレードランナー」「エイリアン」などの作品で知られる、英国出身の米映画監督リドリー・スコットが2008年にメガホンを執ったスパイ・サスペンス・ドラマ「ワールド・オブ・ライズ」(米、128分、ウィリア.. Weblog: シネマ・ワンダーランド racked: 2009-09-13 10:41