【101.5Kg】 「おっぱいバレー」を観てきました♪

皆さん、おはようございます。
せっかくの土曜日なのに、関東地方は雨ですねー。なんか、雨って、それだけで気が滅入っちゃう。この土日は、とくに予定もないし、映画でも観て、実家に戻ろうかなぁ、と思います。

映画といえば、実は先週、19日(日)に、錦糸町のTOHOシネマズに「おっぱいバレー」を観にいったのでした。
手塚治虫展を鑑賞した次の日のことでしたが、すっかり無気力なひとになってしまって、ブログ更新をサボっていたので、レビューを書けなかったんです。昨日はとくに書くべきこともない普通の仕事日だったので、昨日の分の更新ということで、この「おっぱいバレー」のレビュー、書いちゃいますね♪

画像


そもそも、この映画、題名からしてシャイなクマにはNGなので、たぶん独りでは観にいかなかったと思います。
実は、例の「映画の会」のイベントとして、6人で観にいったんです。この「映画の会」のメンバーは7人ですが、男性のKさんが仕事で不参加だったため、なんと、クマ以外の5人は全員が女性性・・・、まさに「女性の中に男がひとり」な状態で、しかも、観にいった映画が「おっぱいバレー」!なんか、切なすぎます・・・・・(泣)。

TOHOの売り場でチケットを買うとき、ちょっと小声で「おっぱいバレー」というと、受付の女性が「は?」と(苦笑)。たぶん、声が小さいのと、ロビーの雑踏で、よく聞き取れなかったみたい。仕方がないのでもう一度「おっぱいバレー6人分ください」というと、スンゴイ大きな声で「はい!おっぱい!!6枚ですね♪」だって・・・・・・。
後ろに居たメンバーのTさんとSさんは、そんなクマの後ろで爆笑!あとになって、「クマちゃん(ここ、実際は本名ね)、チケット買うとき、OPVって言えばいいのよ」なんて言ってみんなに笑いものにされましたが、よく考えると、わざわざOPVなんて、略語でいうのも、自意識過剰すぎて、却ってそっちのほうが恥ずかしいんじゃないの?だいたい、これ、別にポルノ映画でもなんでもなく、青春コメディーなんだから、冷静に考えると、別に気にすることはないんです。でも、やっぱり人前で「おっぱい」と発音する機会は、そう滅多にないので、やっぱり少し緊張しました。

さて、錦糸町の劇場は狭いので、6人席は歯抜けのようにバラバラになり、クマの両隣はおじいさんでした。
この2人のおじいさん、なんと足を4の字に組んで貧乏ゆすり。しかも両隣ともです!貧乏ゆすりされるたびに、クマのズボンに左右からの靴が当たって、スンゴイ気になりました。高齢者の方なんで、あまり失礼なことは言いたくないなぁ、とも思いましたが、30分以上その状態が続いた状況で、ついにクマは「足、組まないでください。私に足が当たるんですけれども」と、ちょっと怒りを込めてささやいてしまいました。両隣から「すみません」とハモられて、足がぶつかるのは納まりましたが、貧乏ゆすりはとうとう最後まで・・・・・・・(泣)。

映画の内容は、ちょっと昭和チックなレトロな香りのする、青春グラフィティーって感じのテイストの作品でした。
中学生の男子特有の、ちょっとエッチな願望を、よく表現できていて、微笑ましいと思いました。軽蔑されるかもしれないけど、クマにもああいう時期、あったような気がする。でも、クマはあんなに大らかじゃなくって、もっとムッツリした嫌なキャラだったかもしれないけど。エッチなことに興味あるのに、興味ありませんよ~、みたいな顔して、すましていたような・・・・・。あと、冒頭のシーンも笑えました。中学生のときの国語の時間に、先生が高村光太郎の「道程」を朗読したとき、たしかに教室内が盛り上がったし(笑)。

詳しいネタバレ内容は書きませんが、映画を全部観終わった感想として、一言で言うと「佳作」だなぁ、と。
すごく大爆笑して、面白い映画だったか?というと、正直、別にそこまでの作品ではなかったです。それに大林作品の「青春デンデケデケ」みたいな、切なさも感じなかったし、歴史の残る名作!という作品にはなっていないと思います。
大量に製作され、大量に消費されていく作品のなかの、埋もれていく1作に過ぎません。でも、だから作品として優れていないのか?というと、クマはそうとも思わないんです。この作品を観て、自分の思春期を思い起こす人も居ると思います。映画って、自分の心の中に深く閉じ込められた、忘却のかなたのような心情を掘り起こし、その鍵を開けてくれるものだと思う。クマはこの「おっぱいバレー」を観て、中学生の頃の厳しかった部活動の思い出と、綺麗だった憧れの女性教師のことを思い出して、ちょっと胸がキュンとなったよ。クマの心の鍵は、きっとこの作品で少し開いたんだねー。

ストーリーとしては「バカ部」と呼ばれて蔑まれていた男子バレー部が「勝ったら先生のおっぱいを見る」という、100%不純な動機で練習にまい進し、努力に目覚めていくわけですが、最後に劇的に強くなって、優勝する!みたいな荒唐無稽な話でなかったのがよかったですね。付け焼刃じゃ、急に強くなんかなりません。そういう現実の厳しさを切なく表現したところは見事だったと思うよ。

それにしても、最近、綾瀬はるかさん、色々な映画に出ていますね。まさに旬の女優さん。演技力については、クマは評論家じゃないから、よくわかりませんが、体当たりの演技には好感が持てます。中村トオルさんもそうですが、映画に出てくる俳優って、何作にも続けざまに登場しますよね。売れている人はいろいろな映画にひっぱりだこで、そうでない俳優さんは、滅多にメディアにも出てこない・・・・・・、やっぱり芸能界って、厳しい社会なんですね。

映画を観終わったあと、割チケの中国料理店で麻婆豆腐セットを食べて、そのあとカラオケに行きました。
この「映画の会」も、何の因果か、もう半年以上続いています。いまだにこの会の意味に疑問を持ちながら、お誘いのメールがくると、ホイホイ参加してしまうクマは、やっぱり友達が少ないから寂しいのかなぁ。でも、実はこの映画、最初は18日に観にいく予定でスケジュールされていたんです。クマはなんとしても、「手塚治虫展」を初日に観にいきたかったし、観る映画が「おっぱいバレー」だったこともあり、恥ずかしさもあってパスのお返事をしたところ、なんと皆さんスケジュールを調整して、19日に開催日を変更(苦笑)。・・・・参加せざるを得ませんでした。おかげで今度はKさんが参加できなくなったという笑えないオチに・・・・・・・・。

足抜け・・・・・やっぱり難しそうです。ありがたいんだけど・・・・・・・。


※ 以下の食事・運動・体重報告は、4月24日(金)の分の報告です。

【INPUT】(食事)

  ・朝食 なし

  ・昼食(12:00) フードコートで(セブンイレブンで購入)
             ・温そうめん(163Kcal)
             ・三陸産わかめおにぎり(174Kcal)
             ・カゴメ野菜一日これ一本200ml(63kcal)

  ・夕食(20:00) 自宅で
             ・缶ビール350ml
             ・スーパーで買った握り寿司 10貫
             ・鶏のから揚げ



【OUTPUT】(運動)

  ・なし



【 4月24日:101.5Kg(体脂肪率:31.8%) 】

この記事へのコメント

ヨコピー
2009年04月25日 14:53
クマさん的にはあんまり高い評価じゃなかったんですねぇ~!ストーリー的には確かに大した内容じゃないんですが、まさに私が育った昭和の香りがプンプンして、自分の中学時代を懐かしく思い出させてくれた、心暖まる青春映画でした!あの挿入歌って結構わかりました?とくに学園天国でエンディングに入る前のキャンディーズの「微笑み返し」流れてた時には、涙がツーって流れちゃったぐらいです!キャンディーズちょっと聞いてみたくなってきました!



2009年04月25日 16:05
「おっぱいバレー」ですか?おっぱいも綾瀬はるかも好きですが、観に行こうとは思ってませんでした。「佳作」なら行かなくて良いですね?「スラムドッグ」は観たのかな?クマさんの感想が聴きたいです!
2009年04月25日 20:16
綾瀬はるかがテレビで
「撮影現場のあいさつは「おっぱい」って監督が指示して、毎日、みんなが、おはようおっぱい、とかって言ってた」って言ってた
考えたらとってもパンチのあるタイトルですね

見に行こうかなって思ったけど、今の時点で見に行かないってことは行かないんだろうなぁ、と思いつつレビュー読みました
うーん、綾瀬がすっごく好きなら行くのかなあ
2009年04月25日 23:21
ヨコピー先輩♪
あ!先輩も「おっぱいバレー」ご覧になられたんですね。挿入歌、クマも懐かしかった!実はキャンディーズ世代とは微妙にずれているワタクシメですが、それでも「微笑み返し」は好きな曲です。
この映画、決してクマ的評価は低くありませんよ~。とっても面白いのでお奨め!とまではいきませんが、普通に楽しめましたという意味の「佳作」です。
ヨコピーさんも、クマも、今、平成の世を生きているけど、お互いルーツは昭和なんですよね。20歳以下の平成生まれの子たちが観てもわからないノスタルジックな気持ち、この映画を観ていて感じました♪
2009年04月25日 23:32
ちょい悪さん♪

>>おっぱいも綾瀬はるかも好きです

笑いました♪
クマの評価は偏見と勘違いで充満しているので、もしお暇があったら観にいかれても宜しいと思いますよ。「佳作」と言っているのは、クマ的には、まあまあの高評価なんです。
「スラムドッグ」はまだ観ていませんが、面白かったですかぁ? 
2009年04月26日 00:17
プクコさん♪
撮影現場の雰囲気、独特で面白かったでしょうね。でも、そんな「おっぱい」な日々が続いた後、きちんと社会復帰できたんでしょうか(笑)。
2009年04月26日 10:44
ごめんなさい!スラムドッグ自分もまだ観ていません!GW辺りに妻と行こうかな?と思ったのですが、感想が聞けたら1番いいかな?っと思いまして・・・自分が先だったらレビュー見て下さい!
2009年04月26日 22:29
ちょい悪さん♪
もし観にいかれたら、レビュー楽しみにしていますね♪ちょい悪さんの、的確且つクールな評論、実はかなり好きです。
私も、GW中に、その日の気分で観にいくかもしれません。

この記事へのトラックバック

  • おっぱいバレー

    Excerpt: 目の前に夢があるから頑張れる!   Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-04-25 11:24
  • 劇場鑑賞「おっぱいバレー」

    Excerpt: おっぱいバレーオリジナル・サウンドトラック「おっぱいバレー」を鑑賞してきました実話を基にした水野宗徳の同名青春小説を「ハッピーフライト」の綾瀬はるか主演で映画化。70年代後半の中学校を舞台に、新任女性.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-04-25 13:55
  • 映画感想『おっぱいバレー』 青春だねぇ。。。

    Excerpt: 内容1979年戸畑第三中学に1人の女性教師が赴任してきた。寺嶋美香子(綾瀬はるか)は、以前いた学校で、事件が起きて生徒たちとの関わりに苦しんでいた。。。。それでも“今度こそは!”と意気込み、全校生徒の.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-04-25 15:08
  • 映画 【おっぱいバレー】

    Excerpt: 映画館にて「おっぱいバレー」 放送作家&脚本家・水野宗徳の実話を基にした同名青春小説の映画化。 おはなし: 赴任早々、廃部寸前の弱小男子バレーボール部の顧問になった女性教師・寺嶋美香子(綾瀬はるか.. Weblog: ミチの雑記帳 racked: 2009-04-25 15:59
  • 『おっぱいバレー』

    Excerpt: ナイスおっぱい!そう言いたくなるほど楽しい映画でした。実話を基にした青春コメディとはいえ、笑えるだけでなく感動もさせてくれる、まさにお疲れ気味の日本にぴったりの元気映画。 私も中学生男子を経験してき.. Weblog: めでぃあみっくす racked: 2009-04-25 16:50
  • 『おっぱいバレー』シークレットライブ・舞台挨拶付き完成披露試写会@渋谷C.C.レモンホール

    Excerpt: 基本、キャストが見られないと映画を見ない人w今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、4/18公開『おっぱいバレー(OPV)会場は、渋谷C.C.レ.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2009-04-25 17:06
  • おっぱいバレー/綾瀬はるか、青木崇高

    Excerpt: このタイトルばかりが話題先行しちゃってるようですけど、確かに思春期の男の子にはインパクト大みたいで先日『ドロップ』を観に行ったときにこの映画の予告編がかかると、いかにもヤンキールックでの中学生男子たち.. Weblog: カノンな日々 racked: 2009-04-25 18:05
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 映画「おっぱいバレー」を観てきました!! なかなか衝撃的な題名ですよね。 でもそんなにふざけた内容ではなく、笑いあり感動ありの楽しい映画でしたよ。 あ、こんなあらすじです。 ↓↓↓ .. Weblog: Thanksgiving Day racked: 2009-04-26 01:22
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 評価:★★★★★[5/5] 「おっぱいばれ~、おとな一枚!」・・・噛まずに言えた。 Weblog: 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~ racked: 2009-04-26 03:08
  • [映画『おっぱいバレー』を観た(ブルマ太もも女子バレー^^;)]

    Excerpt: ☆『おっぱいバレー』は、私の映画鑑賞の歴史で出会った(意識した)初めての「映画女優」と呼べる女優・綾瀬はるかの主演作である。  私は、ほとんどテレビを見ないので、一番注目して見ている女優の一人と言え.. Weblog: 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 racked: 2009-04-26 08:26
  • 「おっぱいバレー」 実はノスタルジー映画

    Excerpt: あまりにストレートなタイトルと予告を観ると、本作のストーリーがなんとなく想像でき Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2009-04-26 18:47
  • 「おっぱいバレー」

    Excerpt: 「おっぱい」への憧れ・・。しかと感じました(笑) Weblog: ★ Shaberiba ★ racked: 2009-04-28 22:15
  • おっぱいバレー

    Excerpt: 実話を基にした同名青春小説を『海猿』シリーズや『銀色のシーズン』の 羽住英一郎監督が『ハッピーフライト』、『ICHI』の綾瀬はるかを主演で 映画化。70年代後半の九州の中学校を舞台に新任女性教師と.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-05-01 20:47
  • おっぱいバレー (綾瀬はるかさん)

    Excerpt: ◆綾瀬はるかさん(のつもり)綾瀬はるかさんは、現在公開中の映画『おっぱいバレー』に寺嶋美香子 役で出演しています。先日、劇場に観に行きました。●導入部のあらすじと感想 Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-05-05 00:56
  • 『おっぱいバレー』

    Excerpt:   見せられるわけ、ないじゃん!?   ■1979年、北九州。赴任早々、中学の弱小男子バレー部の顧問になった新任国語教師・美香子(綾瀬はるか)は。やる気もなければ、バレーボールすらまともに触った.. Weblog: 唐揚げ大好き! racked: 2009-05-10 06:47
  • 映画:おっぱいバレー

    Excerpt:  もうすぐ公開終了ですが、やっとおっぱいバレーを観てきました。 Weblog: よしなしごと racked: 2009-06-03 21:50
  • おっぱいバレー-(映画:2009年鑑賞)-

    Excerpt: 監督:羽住英一郎 出演:綾瀬はるか、大後寿々花、木村遼希、橘義尋、高橋賢人、田口浩正、市毛良枝、仲村トオル 評価:82点 受け狙いに見せかけて結構ぐっとくる青春もの。 そんなと.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2009-12-30 00:19