【96.0Kg】 「なくもんか」を観てきました♪

深夜ですね~(^^;)こんばんわです。夜更かししてるよぉ。草木も眠る丑三つ時ですっ(怖っ!)

さて、クマ吉ですが、最近やっぱりちょっとヘンです。
このブログを、ここ最近あまり熱心に更新しなくなったのも、自分としては悲しい変化なのですが、たとえばずっと馬鹿みたいに続けていた「朝、起床時に鏡を見てニコッと笑う」という習慣も、祖母が亡くなった翌朝からスッパリやめてしまいましたし、この優柔不断の塊であるクマが、この3連休、遊びのお誘いを戴いた2人のかたに、きっぱり「行きたくない」と断ってしまったり・・・・(汗)どーしたん?だんだん、嫌~な、悪い自分に変っていくような自己嫌悪があります。

    

しつこいですが、ここ最近のクマは、やっぱりちょっとヘンです。

そんなこんなでアンニュイな3連休の初日となりましたが、久しぶりに映画を観にいきました。
もちろん、こんな心境なので、誰かと一緒に♪などということは毛頭考えられず、独りで映画館に出かけ、孤独に2本の映画を観てきました。「ゼロの焦点」「なくもんか」の2本です。

画像


今日は「なくもんか」の方のレビューを書くことにしますね♪
松本清張の「ゼロの焦点」のほうは、近日中にUPすることにいたします。先日も「映画の会」で観にいったマイケルジャクソンの「ムーンウォーカー」という映画を「そのうちレビュー書きます」などと言っていながら、そのまま書かずに終わってしまいました。実は昨晩、意を決して「ムーンウォーカー」のレビューを書こうとしたのですが、鑑賞してから日数が経ちすぎて、感動も興奮も冷めてしまったので、もうレビューが書けないことに気づき、愕然としてしまったクマです。だから「ゼロの焦点」のレビューは、その反省も踏まえて、数日以内には必ずUPしたいと思っております。

さて、「なくもんか」ですが、阿部サダヲ+クドカンのコンビ作品ということで、ぜひぜひ観たいと思っていた作品でした。実際に鑑賞してみての感想は、予想通り!のひとことに尽きますね。

クドカンの脚本だから、笑いのなかに人情チックな雰囲気をちりばめているだろうし、阿部サダヲ主演だから、きっと一人で暴走して、ドタバタするんだろうな~・・・っていう判りやすい予想を裏切らず、その通り(笑)だった作品です。
つまり、クドカンや阿部サダヲのこれまでの作品に満足してきたひとなら、間違いなく満足できるという「安定株な作品」とゆーことです。

ネタバレしたくないので筋については書きませんが、阿部が演じる「山ちゃん」が、徹底的に良い人という設定なんです。もう、本当に、気持ちよいくらいに、周囲に笑顔を振りまき、無償の厚意を注ぎ、非の打ち所のない明るいキャラクターなんです。そして、テンポの良い笑いに、観ていると自然に笑みがこぼれてくる自分に気づきます。

ただ、クマはふと、映画の中の「山ちゃん」を観ながら、別のキャラクターを連想していました。
昔、手塚治虫さんの「ブラック・ジャック」という漫画で「ゲラ」と呼ばれる少年が登場する作品がありましたが、その「ゲラ」と、この映画の「山ちゃん」が妙にダブったんです。
「ゲラ」は、いつもいつも笑っていて、何があっても笑顔を絶やさない少年でしたが、その生い立ちや家庭環境は不幸で、親からも捨てられた過去を持っています。それにも関わらず、涙を隠し「笑顔」をデフォルトにして生きている・・・、そう生きようと努力している・・、「ゲラ」は、そんな悲しいキャラクターだったんです。クマはこの映画を観て「山ちゃん」のコミカルな笑顔の裏に、そんな「ゲラ」の面影を見つけてしまい、途中からはちょっと笑えなかったなぁ。

それにね、この映画の「山ちゃん」には遠く及ばないけど、クマだって、心の中では泣いていても、笑顔で人と接していること、結構あるんだよ。毎朝、鏡の前で「ニコッ」って笑う訓練していたのも、そういう自分の弱さを補うため・・・・っていう側面があったんです。クマは、冒頭でも書いたとおり、その努力をすることに空しさを覚えて、もうやらなくなってしまった・・・。だから、クマが挫折してしまった無理を、スクリーンの向こうで今も必死で続けている「山ちゃん」の姿を見て、なんだかなぁ・・・・、笑えなかったです。

あ!勘違いしないでくださいね(^^;)これはあくまでも、クマの心境がそうだったというだけで、作品自体は面白かったですよ。とにかく、阿部サダヲに尽きますね~この作品はっ!彼には2~3人分のギャラをあげてもよいのでは?というくらい、ひとりで浮きまくっていました(笑)。
それと、竹内結子さんの演技も良かったですね。この映画の中で「優しい山ちゃん」が言えないことを、ぜんぶ竹内さんが代弁してくれて、頼もしくって、観ていてスカッとしました♪

話は変わりますが、この作品、コミカルななかにも意外にシュールな部分が多いです。
竹内結子さんが演じる女房の境遇とか、日曜の夜に、ひとりで出かけて朝帰りする「山ちゃん」の行く先&ストレス解消法とか、鈴木砂羽さん演じる母親のラストシーンとか・・・・(苦笑)。
それらの詳細は、劇場でのお楽しみです♪


※ 以下の食事・運動・体重報告は、11月21日(土)の分のものです。

【INPUT】(食事)

 ・朝食(08:00)自宅で
         ・独り鍋
          (豆腐一丁、白菜、ニラ、Mさんから貰った昆布)

 ・昼食(14:00)映画館のあるビルの中国料理店で
         ・坦坦麺
         
 ・間食(15:30)映画館で
         ・コカコーラZERO

 ・夕食(21:00)COCO一番で
         ・ポークカレー400g

 ・間食(23:00)自宅で
         ・コーヒー 2杯



【OUTPUT】(運動)

 ・アイソメトリック・トレーニング 5種 各1分



【 11月21日:96.0Kg(体脂肪率:30.4%) 】



さてさて、ついにレビューを書かずじまいだったマイケルジャクソンの「ムーンウォーカー」ですが、映画のなかの1シーンです♪やっぱり観ているだけで心が躍りますねー。
こりゃ~本当の天才だ!いまさらながら・・・・。


【追悼HD】マイケルジャクソン「 Moonwalker」踊りスゴイ(YouTube)



Michael Jackson - Billie Jean (Live in New York 2001)(YouTube)



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

2009年11月22日 13:47
「なくもんか」は自分も観てみたい映画のひとつです!クマさんのレビュー観たからDVDでたら観ようかな?
ゆり
2009年11月22日 16:57
そうねえ。笑顔が素敵とか、あなたはいつも幸せそうとか、よく言われるけども、内面は全くそうではなく、私の本性を暴露してる人にとっては、ただの鬼ババアだと思われてるだろうから、やっぱり 人間て いろんな面を備えていると思うわ。  自然と、笑顔が戻る時まで 無理しない方がいいんじゃあないかな~。自然と、戻るから。大丈夫^^。
2009年11月22日 19:16
先日テレビで「舞妓haaaan!」がとても面白かったので
「なくもんか」も見てみたいと思っていました
一人で暴走してドタバタするシーン面白そうですね♪
おちゃらけているけれど、繊細で優しい一面を持つ
主人公のキャラは愛すべき人物ですし
阿部サダヲさんにしか出来ない役どころに思えます
ゼロの焦点の感想も楽しみにしております♪
タマ
2009年11月22日 21:40
クマさん…

なんだか少し元気がないの?

無理に笑う必要はないけど、元気だしてp(^^)q
川さん
2009年11月23日 04:24
慌てることも無理することもないよ。ねっ^^。今はまだ向き合っている途中かな?
2009年11月23日 06:19
ちょい悪さん♪
おー!ぜひ観てくださいな(^0^)♪陽気なちょい悪さんにはマッチしそうな作品だと勝手に思い込んでいるクマです。阿部サダヲは色々な意味で勇気をくれます(笑)。美男なジャニーズ系でなくっても、ちゃんと映画で主役をはれるなんて、たいしたもんです。同性として祝福したい気分です。
2009年11月23日 06:22
ゆりさん♪
昨日読んだ読んでね、自分で憂鬱だとか、落ち込んでいるとか言っているうちは、まだまだ大したことない!って書いてありました。ほんとかなー?ほんとーだったら、クマも大したことないと思うんだけど(笑)。
温かいコメント、いつも感謝(^0^)なのです♪
2009年11月23日 06:25
みなこさん♪
クマは実は「舞妓haaaan!」を観ていないんです。観たいなぁ・・・と思いつつ、ついつい(涙)。面白かったですか!だったらクマも観てみることにしますね。「なくもんか」も面白かったけど、心もほのぼのする作品でしたよ♪みなこさんも、お時間があったら是非(^^)!
2009年11月23日 06:29
たまさん♪
優しいコメントいただき嬉しいです。ありがとー(^0^)ございます。
でも、大丈夫ですよ!こんな感じに気分が凹むのは、もうしょっちゅうなんです。結局、何が幸せか?ということを考えると、凹むんですよねー。
あまり難しく物事を考えないで、自然体で生きていけばよいって、頭では判っているんですが、心がついていかなくって・・・(汗)。
2009年11月23日 06:31
川さん♪
いつもありがとうございます!
無理しないって、そういう姿勢は大切ですよね。自分を守ろうとしたり、傷つきたくないという勝手な臆病さがあるから無理するんだと思います。それって、結局は自分の弱さなんですよね~。強いクマになりたい!
ズッチャカ
2009年11月29日 14:00

「ゲラ」と「山ちゃん」の話。
感じた事はあったんですが、今回は割愛して
阿部サダヲさんについて。
テレビで、演じていない素の阿部サダヲさんを観ていると
辛くても辛さを隠して笑顔を絶やさない・・・ってキャラではないですね。
「なくもんか」では、自身のキャラと正反対の役柄を演じているんだぁ~と、クマさんのレビューを観て思いました。

阿部さんの主演映画って、「なくもんか」で2本目だそうです。
主役ではないけど「パコと魔法の絵本」とか、主役級に存在感が強い役柄を多く演じているので、主演がまだたった2本なのに
これだけ存在感がある阿部さんは、凄いなぁ~と思いました。

あと、ブログの移行完了しました。
遊びに来てくださいね。
新 ブログアドレス
http://blog.livedoor.jp/gurume_bouya/

姪っ子さんのお2人、クマさんからのプレゼント大喜びされたみたいで、クマさんも本当に、プレゼントのしがいがありますね。
2009年11月29日 18:20
ズッチャカさん♪
ブログの新装開店!おめでとうございます(^0^)また、伺わせていただきますね♪
阿部サダヲさんは、本当に個性派な俳優さんですよね。「大人計画」のような劇団で揉まれているので、演技力もバツグンだし、今後も期待の俳優さんだと思います。
「パコと魔法の絵本」をご覧になった感想はいかがですか?あの作品も、心温まるファンタジーですよねぇ。

この記事へのトラックバック

  • なくもんか

    Excerpt: 『舞妓Haaaan!!!』でトリオを組んだ監督・水田伸生、脚本・宮藤官九郎、 主演・阿部サダヲが再びトリオを組んで、幼いころに生き別れた兄弟と その兄弟の家族のさまを笑いと涙を交えて描いた人情コメ.. Weblog: だらだら無気力ブログ racked: 2009-11-22 09:21
  • なくもんか [映画]

    Excerpt: 公開:2009/11/14製作国:日本上映時間:134分鑑賞日:2009/11/14監督:水田伸生出演:阿部サダヲ、瑛太、竹内結子、塚本高史、伊原剛志、いしだあゆみこれは“泣ける喜劇&rd.. Weblog: 映画鑑賞★日記・・・ racked: 2009-11-22 16:59
  • なくもんか

    Excerpt: チェック:幼いころに生き別れ、互いの顔も知らずに育った兄弟と、二人を取り巻く周囲の人々が織り成す人情コメディー。 『舞妓 Haaaan!!!』の水田伸生監督、主演の阿部サダヲ、脚本の宮藤官九郎のトリオ.. Weblog: 映画道 racked: 2009-11-23 09:25
  • 2009-91『なくもんか』を鑑賞しました。

    Excerpt: 映画を鑑賞しました。秊 2009-91『なくもんか』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) .. Weblog: はっしぃの映画三昧! racked: 2009-11-24 22:00
  • なくもんか (阿部サダヲさん)

    Excerpt: 映画『舞妓Haaaan!!!』の水田伸生監督、脚本の宮藤官九郎さん、そして主演の阿部サダヲさんが再結集して作り上げた映画『なくもんか』に、阿部サダヲさんは、祐太 役で出演しています。先日、劇場に観に行.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-11-25 00:07
  • 濃い!好青年・・もとい好中年?(笑)~「なくもんか」~

    Excerpt: この映像で思い出したのは ちょうど去年の今頃訪れた吉祥寺のサトウ。 あれがモデルじゃないかなというくらい雰囲気似てませんでした? 2009年の設定なんですが 商店街の雰囲気はまるで「ALWAYS.. Weblog: ペパーミントの魔術師 racked: 2009-12-02 16:13
  • 【なくもんか】 映画

    Excerpt: 泣ける喜劇か!?笑える悲劇か!?  まずは来訪記念にどうかひとつ! [:next:] 人気blogランキング【あらすじ】東京・下町。ハムカツで人気の「デリカの山ちゃん」の2代目店主・祐太は、誰の頼みも.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2009-12-04 12:06
  • 『なくもんか』 寄せては返す不幸の波

    Excerpt:  劇中、徹子が激怒するシーンがある。  大きな不幸を背負ってきた人間に対してである。  なぜか。  それは、不幸を背負っているからだ... Weblog: 映画のブログ racked: 2009-12-06 11:08
  • 『なくもんか』―東京下町、笑顔の裏に。

    Excerpt: 善人通り商店街の「善人」は、どこで泣く? Weblog: トーキョーワッショイ - 東京人が一番見たい東京ネタ racked: 2009-12-09 00:36
  • 別館の予備(感想195作目 なくもんか)

    Excerpt: 5月22日 感想195作目 なくもんか TBアドレス http://trb.ameba.jp/servlet/TBInterface/hum09041/10896894430/6f7c5335 Weblog: スポーツ瓦版 racked: 2011-05-22 11:41